wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
『理想ノカレシ』エンディングテーマはTowana「ベール」に決定!

TBSでこの春からスタートした新たな深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」。その2作目となる『理想ノカレシ』が5月31日(火)深夜24時58分からスタートする。
本作は、「TBS連ドラ・シナリオ大賞」第4回大賞受賞者の渡邉真子が原案、第5回の入選者である木村涼子が脚本を担当。2人の若手女性脚本家がタッグを組み、アラサー女性のリアルな恋愛観と、こんなことがあったら・・・という夢のような恋愛模様をオリジナル脚本でお届けする。頑張っている女性ほど報われないと言われる日本の恋愛市場・・・だったらいっそ、自分で理想の彼氏を育てる方がいいのかも!? 本作は仕事に家事に頑張る、恋を夢見るすべての女性に送る“王子様育成”ラブストーリーである。
主演を務める大政絢が演じるのは、仕事をバリバリとこなす“ハイスペック女子”の主人公・小野寺優芽子(おのでら・ゆめこ)。外ではデキる女風でキメているが、家では家事もファッションもテキトーな残念女子。中でも恋愛には超不器用で、いまだに高校時代の初恋の相手が理想の男性だと思い続ける“夢見る夢子”である。そんな優芽子に次々とトラブルが発生! プロポーズされると思っていた彼氏からはこっぴどくフラれ、職場の後輩にも裏切られてしまう。傷心の優芽子だったが、初恋の人と瓜二つの青年と出会い、彼女の日常はジェットコースターのように大きく揺れ動きはじめることに・・・!?

このたび、『理想ノカレシ』のエンディングテーマが発表となった。
エンディングテーマを担当するのはTowana。Towanaは、数々のアニメソングを世に送り出す音楽グループで、ロックフェス出演や海外でのライブも多数行い、ジャンルや国境を越えて活躍を続けている4人組バンド・fhánaでtowanaとしてボーカルを担当。fhánaのボーカリストとしてこれまで様々なアニメ作品の楽曲を表現しており、透明感があり情熱と平熱が同居したボーイソプラノのようなニュートラルな歌声で多くのファンを魅了し国内外問わず高い評価を得ている。そんなtowanaが、このたび“Towana”(頭文字大文字)として満を持してソロデビューする。
Towanaがソロ1作目として発表するのが、『理想ノカレシ』エンディングテーマとして自ら作詞をした楽曲「ベール」だ。作曲とアートディレクションを含めたトータルプロデュースをfhánaのリーダー・メインコンポーザーおよび作編曲家でもある佐藤純一が手掛け、編曲は佐藤が信頼するベーシスト・ミュージシャンであり数々のトップアーティストのレコーディングやライブに参加しXIIX(テントゥエンティ)のメンバーとしても活動している須藤優が担当。fhánaとは違うオリジナルなTowanaのサウンドに仕上がっている。ドラマのために書き下ろされた本楽曲は、日々揺れ動く恋する感覚と向き合いながら中々素直になりきれない女心を表現した、切なくも温かみのあるミディアムチューン。さらにTowanaの歌声と歌詞、佐藤のメロディと須藤による編曲により、“ありそうでなかった”上質なシグネチャーサウンドとなっている。
今回の発表にあたって、Towanaは「主人公の優芽子の気持ちを想像したり、共感したりしながら詞を書き、ベールに包まれた自分自身と恋心を歌いました。物語の余韻を感じていただけるような楽曲に仕上がったと思います」と思いを寄せた。
Towanaの歌うエンディングテーマ「ベール」は『理想ノカレシ』第1話のエンディングで初公開となるが、今までの恋愛ドラマとひと味違う“王子様育成”オリジナルラブストーリー『理想ノカレシ』の世界観をどのように表現するのか。ぜひご期待いただきたい。

『理想ノカレシ』は、5月24日(火)正午から「Paravi」と「U-NEXT」で先行有料配信を開始し、5月31日(火)深夜24時58分より地上波放送がスタートする。そして地上波放送後には、「TVer」「TBS FREE」「GYAO!」「Yahoo!」で無料1週間見逃し配信される。

恋を夢見るすべての女性に送る、ハイスペック女子と謎の青年による“王子様育成”ラブストーリー! 5月31日(火)スタートの『理想ノカレシ』にぜひご期待ください!

■コメント
<Towana>
ドラマのエンディングテーマを初めて担当させていただくことになり、わたし自身のソロデビュー曲ということもあり驚きと喜びでとてもわくわくしています。主人公の優芽子の気持ちを想像したり、共感したりしながら詞を書き、ベールに包まれた自分自身と恋心を歌いました。
毎話ドラマの終わりに曲がかかることを意識しながら歌い、物語の余韻を感じていただけるような楽曲に仕上がったと思います。この「ベール」という曲がドラマのストーリーと皆様を繋ぐ楽曲になれば幸いです。

■Towanaプロフィール
6/17生まれ。fhánaのメインボーカルを担当。
2012年秋、fhánaのアルバム「New World Line」に収録されている曲「街は奏でる」「未来」にゲストボーカルとして参加したことをきっかけに、fhánaに正式加入。透明感があり、情熱と平熱が同居したボーイソプラノのようなニュートラルな歌声で多くのファンを魅了している。Towanaにしか出せない歌声が、物語を紡ぐようなストーリー性を大切にするfhánaの音楽と調和し、彩りと独特の世界観を作り出している。また、近年では作詞面でも透明感あふれる独特なセンスを発揮しているほか、カバーソングプロジェクト「CrosSing – Music&Voice-」(クロスシング)に参加。その中でTowanaは自身がリスペクトするアーティストJUDY AND MARYの名曲「そばかす」を歌唱。Towanaの声の特徴が生かされ、ファンのみならず「声と歌がマッチしていて最高!」と多くのリスナーの支持を得た珠玉のカバーとなっている。
このたびソロアーティスト“Towana”(頭文字大文字)として、TBS「ドラマストリーム」2作目『理想ノカレシ』のエンディングテーマを担当し、7月にソロデビューの配信シングルをリリース予定。

fhánaは2013年8月にTVアニメ『有頂天家族』ED主題歌「ケセラセラ」でメジャーデビュー。その翌年にはiTunesにより「NEW ARTIST2014」の1組に選出されたほか、1stアルバム「Outside of Melancholy」はオリコンウィークリーチャート8位を記録。デビューシングルから2021年7月リリース「愛のシュプリーム!」まで、延べ16作品ものアニメの主題歌を担当している。今年4月に最新アルバム「Cipher」を発売し、現在は、“fhána Cipher Live Tour 2022” を開催中。
YouTubeのオフィシャルチャンネルの総再生回数は1.4億回を超えており、10thシングル「青空のラプソディ」(TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌)のMVは、YouTubeにて再生回数4,551万回再生を突破。16thシングル「愛のシュプリーム!」(TVアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』OP主題歌)は発売と同時に各界から絶賛され、MVの再生回数も早くも1,272万回再生を突破し、様々なアワードを受賞している。

【fhána’s Official YouTube Channel】https://www.youtube.com/c/fh%C3%A1naOfficialChannel/videos

■概要
[タイトル]ドラマストリーム『理想ノカレシ』
[放送・配信日時]
5月31日(火)地上波放送スタート 毎週火曜深夜24:58~25:28
先行有料配信:「Paravi」「U-NEXT」にて5月24日(火)正午配信予定
(5月31日(火)の地上波放送後、「TVer」「TBS FREE」「GYAO!」「Yahoo!」にて無料1週間見逃し配信)

オープニング主題歌 超特急「クレッシェンド」(SDR)
エンディングテーマ Towana「ベール」(U/M/A/A Inc.)

[公式サイト]https://www.tbs.co.jp/risounokareshi_tbs/
[公式Twitter]@drama_streamtbs
[公式Instagram]tbs_drama_stream
[公式TikTok]@drama_stream_tbs


2022/05/22 10:10

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング