wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
キム・ジュンス、パク・カンヒョン&コ・ウンソンと共にミュージカル「ウエストサイドストーリー」の主演に


公演制作会社SHOW NOTEは、11月に開幕予定のミュージカル「ウエストサイドストーリー」のキャスティングを12日に公開しました。
「ウエストサイドストーリー」は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を原作に、1950年代のニューヨーク移民者集団であるジェット団とシャーク団の衝突と、その中で花開いたトニーとマリアの悲劇的な愛を描いた作品です。


憎悪と偏見が支配する世界で愛の偉大さを知らせる主人公のトニー役には、キム・ジュンス、パク・カンヒョン、コ・ウンソンがキャスティングされました。
キム・ジュンスは「『ウエストサイドストーリー』は、古典の深さに現代的な感覚が加わった作品なので、新しい姿と魅力をお見せできるよと思う」として「特に、与えられた環境と運命に順応しないトニーの姿は青春そのものだと感じ、その点が最大の魅力だと感じた」と話しました。


パク・カンヒョンは「『ウエストサイドストーリー』はあまりにも有名な名作で、学生時代にたくさん見聞きした親しみやすい作品なので、必ず挑戦したかった」として「このように胸が痛い愛の物語はいつも歓迎だ。一生懸命準備して良い演技で美しく表現したい」と伝えました。
コ・ウンソンは「『トゥナイト(Tonight)』、『マリア(Maria)』など有名なナンバーでいっぱいのこの作品が、久しぶりに韓国の舞台に登場したのでとても楽しみだ」として「期待するほどに楽しい作品を作れるように努力する」と語りました。


トニーとの悲劇的な愛で深い余韻を残すマリア役にはハン・ジェアとイ・ジスが決定しました。
「ウエストサイドストーリー」は、世界的なニューヨークフィルハーモニーオーケストラの黄金期をリードしたレナード・バーンスタインの音楽と、ブロードウェイの伝説スティーブン・ソンドハイムの歌詞、現代舞踊とバレエの振付家で有名なジェローム・ロビンズの振り付け、アルフ レッド・ヒッチコック監督の映画「ロープ」とミュージカル「ジプシー」の脚本を書いた作家アーサー・ローレンツの台本など時代を風靡した大家たちによって誕生し、「第12回トニー賞」のミュージカル部門最優秀振付賞と最優秀舞台デザイン賞を受賞した。1961年に同名の映画に制作され、「第34回アカデミー授賞式」で作品賞、監督賞、音楽賞など10部門を席巻しました。


「ウエストサイドストーリー」は、11月17日から来年2月26日までソウル市中区忠武(チュンム)アートセンター大劇場で公演されます。

2022/08/12 23:38

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。




最新記事
アクセスランキング