wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
「ショッピング王ルイ」はソ・イングクによるソ・イングクのためのドラマ


60分間に喜怒哀楽を込めたソ・イングクの熱演が、バラエティを彷彿とさせ「ショッピング王ルイ」を水木劇の王座に導きました。

26日に放送されたMBC水木ドラマ「ショッピング王ルイ」では、ルイ(ソ・イングク)とボクシル(ナム・ジヒョン)が別れ、ルイが失った記憶を取り戻す劇的な展開となりました。結局ボクナム(リュ・イヒョン)の死まで知ってしまったルイは、ボクシルを探し嗚咽し、ルイの涙の中に劇が幕を閉じ視聴者の心を揺さぶりました。

ソ・イングクが表現したルイの繊細な感情が、キャラクターへの共感を増し、コメディからロマンスへ、また嗚咽を通して続いていくドラマと、ジャンルを飛び越えるソ・イングクの喜怒哀楽の演技は視聴者を退屈させないバラエティに近いです。ソ・イングクの60分間を埋め尽くす喜怒哀楽の演技は、26日に放送された「ショッピング王ルイ」を10.2%の視聴率で、水木劇の王座に押し上げました。ソ・イングクがいるから実現した結果という評価と共に、ソ・イングクの熱演が好評を得ています。

純粋で可愛らしいルイを見て、笑っていたかと思えば嗚咽し、視聴者を泣かせるソ・イングクの力は「ショッピング王ルイ」の底力になりました。ソ・イングクによる、ソ・イングクのためのドラマという評価まで出ている中で、ソ・イングクの熱演が続き「ショッピング王ルイ」の加速度が増すと思われます。

2016/10/28 10:49

この記事が気に入ったら




最新記事




アクセスランキング