韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaWoW!koreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
知らないと危険!化粧品の消費期限


新シリーズが出て買ってしまったり、贈り物で頂いたり、化粧品ってつい増えてしまいますよね。
中には使いきれず何年もしまわれているものもあるかもしれません。
ですが化粧品にも、食品と同じように”使用期限”が決められていることはご存じですか?
期限を過ぎた状態の悪い化粧品を使うことで深刻な肌トラブルを招いてしまうこともあります。


1:どうして期限を守るの?化粧品の使用期限と注意


化粧品の使用期限の目安は、開封したもの半年、未開封のものは三年などと言われることが多いです。
開封したかどうかでここまで差が出るのは、化粧品は指に触れたり、空気に触れただけでも酸化が進み菌が繁殖してしまうからなのです。
菌が繁殖した化粧品を使用すればどうなるか、考えてみるとぞっとしますね。
特にアイライナーやマスカラなど目元に使うものは目の炎症を引き起こす現象にもなるのでより一層の注意が必要です。


2:使用期限目安をアイテム別に解説
一般的に開封済半年、未開封3年と言いましたが、実はコスメの種類によって大きく差があります。

・スキンケア用品


化粧水、乳液、クリームなど

直に肌に使うものなので、期間は半年以内。
ダイレクトに肌に届く分劣化には最も気を使ったほうがいいです。

・アイメイク用品


3カ月…マスカラ、リキッドアイライナー
半年…クリームアイシャドウ
1年…ペンシルアイライナー、パウダーアイシャドウ

スキンケアアイテムの次に気をつけたいのがアイメイク用品!
粘膜ぎりぎりに使うこともあるので雑菌が繁殖しやすいです。
目のや目の周りの神経や皮膚はとても繊細なので炎症によるダメージは深刻になりやすいです。

・ベースメイク


半年…リキットファンデーション、クリームファンデーション、コンシーラ、化粧下地
1年…パウダーファンデーション

水分量が多いリキッドやクリームタイプは劣化が早いです。
ワンシーズンで使い着るのがベストです。
シーズンごとに新アイテムが追加されることも多いので前シーズンのものを使ったりするのはやめましょう。

・リップアイテム


基本的に三カ月。
つい違ったカラーを沢山集めてしまいがちなものですが、期限は短め。
特に唇に使用するものなので、唾液やたべものが付着して劣化が激しいです。
唇の皮は非常に薄くてデリケートなので、炎症を起こしてしまうと酷いことに……気をつけましょうね。
色や臭いに変化があったら使うのをやめましょう!

・チーク

半年…クリームチーク
1年…パウダーチーク

基本的にはファンデーションの上から使うので神経質にならなくても大丈夫ですが、最近はやりのクリームタイプは劣化が早いので注意!


3:いつ買ったか分からないものはどうしたらいいの?


いくら期限の目安があるといっても、沢山コスメを持っていたらとても全部を追うのは難しいですよね。
特にサンプルや頂き物はいつ購入したものか分からないので判断が難しい……ということもあります。
ぱっと目で見て使用を避けたほうがいいポイントを一覧にしましたので参考にしてくださいね。

●成分が分離・沈殿している
クリーム系、液体系のものは分離や沈殿が見られたら使わないようにしましょう。
何か白い浮遊物があるものも注意してください。

●酸っぱい臭いがする
鼻をつくような酸っぱい臭いがしたら完全にアウトです……酸化している証拠です。
特に臭いが酷い場合は腐っている可能性が高いです。

●色が変色している
もし色が目に見て変色していたらこれも完全にアウトなので処分しましょう

4:保管方法によって使用期限が短くなることも


使用期限を守るのと同時に、コスメアイテムは普段の保管方法も重要です。
お気に入りのコスメを長く使う為にも保管方法には気をつけましょう

●高温多湿を避けること
お風呂場や脱衣所は置いておくには便利ですが、雑菌が繁殖しやすい場所なので避けましょう

●直射日光を避けること
日光を浴びることで化粧品の成分が分離してしまうことがあります。日光の当たらない乾燥した場所に起きましょう

●フタをしっかり締めること
隙間があるとそこから空気や菌が入り込んで酸化の元になります。しっかり締めたつもりでも蓋に付着した汚れのせいでしっかししまっていない可能性もあります。
パッケージの汚れも定期的に落としましょうね。

●使う時は清潔な手、清潔なブラシで
化粧品に触れる時はきちんと手を洗ってから使いましょう。
またブラシやスポンジは頻繁に洗って雑菌が繁殖しないよう心がけてください。

●出したものは使い切る
クリームなどでたまにありますが、ついよそ見をしていて出し過ぎてしまった!
という時も決して戻さないでください。
一度でも出したものを戻すのは劣化を加速させる要因になります。
そういう時は諦めて贅沢に使ってしまってくださ。


化粧品って決して安くはないし、人気の商品は手に入れるのも苦労しますからついもったいない、と思ってしまいますよね。
ですが大事な日に肌トラブルに見舞われたり、結膜炎などを発症しても元も子もありませんので、思い切って処分しましょう。
どうしても捨てられない!という人は内容物を破棄して、パッケージを手元に残すのも良いですね。




2019/03/22 18:30
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事