韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaWoW!koreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
憂鬱な雨の日に!知っておくと心が和む「雨の言葉」


せっかくのお休みが雨で台無しに…。そんな時、ちょっと心は憂鬱になってしまいますよね。日本では比較的雨が多い国ということもあり、雨にかかわる言葉はたくさんあります。知ってそうで知らなかった「雨の言葉」を思い出せば、ちょっと心が和むこともあります。ここでは、そんなちょっと面白い「雨の言葉」をご紹介します。

趣深い!雨の言葉集
愛雨(あいう)
文字通り、雨を愛すること、その気持ちのことです。雨は鬱陶しく嫌なものですが、自然の恵みをもたらしてくれるものであり、私たちの命をつなぐために必要な、大切なもの。そんな気持ちで雨に感謝する想いのことを「愛雨」といいます。

青葉雨(あおばあめ)
青葉の頃、その青葉を濡らす雨のこと。新緑の美しさを濡らす雨が趣深く、またみずみずしさも感じられる言葉です。

雨祝い、雨正月(あまいわい、あめしょうがつ)
日照りが続いて雨乞いをしていたところにやっと振った恵みの雨。農家の人たちは、待ち望んだ雨の日を「雨祝い」と称して農作業を休み、祝ったのだといいます。

雨装い(あまよそおい)
雨が降ってもいいように、装いの支度をすること。今でいえば、傘やレインコートをそろえることですが、「装い」と言い換えるとどこか楽しい気分になってきます。

雨夜のつき(あまよのつき)
雨の夜には、実際には月を見ることはできません。その雨夜の月は、覚雅の歌では会えない恋人の姿を比喩するときにも使われました。

雨煙る(あめけむる)
キリのような細かい雨で、周りが煙ったように見えること。雨の霞の向こう側に浮かび上がる景色。想像するだけで、風流ですね。

雨を聴く(あめをきく)
永井東門居の俳句に詠まれた下の5字。この言葉だけで、静かな部屋の中で雨の音に耳を傾ける、芳醇な時間を感じることができます。

雨香(うこう)
雨が降るとき、花の香りを含んで香るそのさま。春の訪れを告げる雨のことをこのように呼ぶ時もあります。

雨嘯(うしょう)
雨に、うそぶく、と書いて雨嘯。雨の中、雨に濡れながら歌うこと。雨に濡れるのも、見方を変えれば気持ちの良いものです。

宇宙由来の雨(うちゅうゆらいのあめ)
宇宙から飛んできた雪玉が、地上に至るまでに溶けて雨に交じって降ってくるもの。学問的に確定された事実ではありませんが、今降っている雨が宇宙由来のものだったら…と考えると壮大な気持ちになりますね。

こぼれ雨
ぱらぱらと、こぼれるように降ってすぐに病んでしまう雨。まるで神様か、雲の気まぐれ、いたずらのように思える可愛らしい雨です。

その他、雨にまつわる素敵な言葉色々
夜中ずっと雨が降っていることも、「降りあかす」と言えば少し情緒豊かに聞こえます。またイチリンソウやギボウシなどの花は「雨降り花」と呼ばれ、摘むと雨が降ると言い伝えられているものも。生活に根差した「雨」。せっかくだから趣豊かに楽しんでみませんか。

参考文献
講談社「雨のことば辞典」倉嶋厚監修


2019/01/11 10:43
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事