韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaWoW!koreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
寝たはずなのに眠たい・・・。春はいつもより眠いのはなぜ?


だんだんと日中の気温が上がる春の時期、冬から春は移り変わる季節です。
暖かくなるとともに
朝なかなか起きられない
体がずっとだるい
仕事中あくびが止まらない
寝ているのに眠たい


こんな経験ありませんか?

なぜ春はこんなにも眠たいのでしょうか?

・自律神経が乱れているから
自律神経は体が持っている機能で、交感神経と副交感神経があります。
自分の意思でコントロールできるものではなくシーソーのように体がバランスをとっています。
活動していると交感神経
休んでいるときは副交感神経が働きます。
暖かくなると眠くなるのは副交感神経が優位になります。

緊張していたりストレスがたまると交感神経が優位になります。
夜中にスマホをいじったり、夜中まで仕事をすると寝付きが悪くなるのは交感神経が優位になる眠りにくくなります。

春の天気は変わりやすいです。
日中は暖かくても朝晩になるとぐんと冷え込みます。
雨が降る日もあれば次の日には晴れていたり寒暖の差、気圧の差が激しいことによって自律神経のホルモンバランスが崩れてしまいます。

睡眠時間は冬が最も長く、春になると少しずつ短くなります。
もともと睡眠不足気味の人は冬は気にならなくても春になると睡眠不足になることが多いです。


・花粉症による影響


春は花粉が飛ぶシーズンです。
花粉症になるとくしゃみや鼻づまり、鼻水で夜なかなか寝付きにくかったり、途中で目が覚めてしまい熟睡できません。
このことが睡眠不足を招きます。

花粉症の薬には副作用があります。
症状は緩和されますが眠気が起こります。
これが日中眠くなる原因にもなります。

春は眠くなって当然です。
寒暖差や気圧の影響、入学、卒業、社内異動など環境も新生活で変わるのでストレスも受けやすい時期です。
できるだけ早く就寝するようにし、花粉症の薬もできるだけ眠くなりにくいものを処方してもらうようにしましょう。
どうしても眠いときはガムをかむ、体を動かしてみましょう。

2019/04/23 12:00
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事