韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaWoW!koreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
「結婚するべき!」にとらわれないで!新しい「恋愛価値観」は大切なこと


周りの知人が知らないうちに結婚するようになり、「そのうち結婚できるよ」「早いうちに結婚するべき」などと助言されたことはありありませんか?


 
そもそも、独身女性に伝えておきたいのは結婚することは恋愛のゴール地点ではありません。決して通過点でもない。それなのになぜ恋愛と同等な意味を持っているような扱い方をされる結婚が意識的に結ばれてしまうのでしょうか。

 
これらの意味は恋愛の価値観に大きく影響します。また、自分自身の恋愛だけではなく他人への恋愛の在り方までを強制する可能性もあります。



・結婚することが恋愛までのプロセスと考えることはNG



 まず恋愛は結婚ではありません。そのことから恋愛が結婚とつながることも難しいでしょう。
 
では恋愛関係にある人がいるという立場で結婚することが最低条件かというと、それは「結婚観」であり「恋愛観」とはまた違います。結婚願望は恋愛観とイコールされがちですが、そもそも恋愛観の中で結婚に結び付けることにより感覚的な矛盾が生じます、

 



あくまで「恋愛は恋愛」「結婚は結婚」この二つを分離させて考えることは恋愛の在り方の自由性が生まれます。




・恋愛関係者との「恋愛関係の継続」




 では疑問に思う方も多いと思いますが、恋愛関係者とは結婚しないのかと。それは当人同士の問題であります。そのため恋愛関係者が結婚することに対しては「結婚観」の一致とも言えますが、現代では恋愛関係の「まま」生活をする人たちも多いです。

 
恋愛関係でい続けることは、一種の恋愛観の一致に該当します。二人が結婚をすることを同意するか同意しないかの話であり、恋愛観とは全く一緒ではありません。




 自分を苦しめている周りからの言葉は時として疑問を持つこともよいと思います。
 恋愛で悩んでいる人、結婚で悩んでいる人は一度自分の環境を見つめなおして
みましょう。


2019/06/25 19:00
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事