韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
五月病に備えて!発症の原因から見える対処法とは?


もうすぐ5月がやってきますね。

この時期によく耳にする「五月病」。

精神的な症状として、実際に五月病にかかってしまい、原因が何なのかわからずに悩んでいる人は少なくはありません。

そもそも「五月病」とは、いったいどのような症状を引き起こすものなのでしょうか。

そして、五月病にならないためには、どのような対処法が良いのでしょうか。



* 五月病の原因




五月病は、主に五月に発症するからという名称のもとつけられた精神的な病。

原因としては、4月という新しいスタートからくるストレスではないかといわれています。

4月は節目の月で、進学・就職・異動といった様々な新しいスタートを迎えるタイミングとなる時期です。

こうした門出が原因となり、ストレスを感じてしまう人が、五月病になりやすいといわれています。



* 五月病の主な症状





五月病の症状としては

〇めまい
〇頭痛
〇吐き気
〇食欲不振
〇睡眠不調
などがあげられます。

精神的な不調としては
〇抑うつ状態
〇無気力
〇集中力の低下
〇疲労感
〇不自然な焦りや不安

が見られます。

普段の生活では起こりえない症状ばかりです。

万が一、これらの項目に思い当たる節がある方は、五月病の危険があります。

また、五月病の症状は“うつ病”の症状に似ているといいますが、唯一違うのは「治癒期間」であるといわれています。
五月病の治癒期間は、原因となっている新しい環境などのストレスが次第に慣れてくることで完治していくため、およそ1か月から3か月という短期間で症状が消えるといわれています。

対して、うつ病は、ストレスの原因を取り除いたとしても、完治の期間が長期戦となります。ここで注意してほしいのは、五月病の症状が悪化した時です。

症状が悪化した場合には、長期の治療が必要となり、“うつ病”になる可能性があるため、ストレスの原因を早期に取り除くことが対処法となります。



* 五月病にならないための対処法




では、五月病にならないための対処法とは、どのような方法が挙げられるのでしょうか。



1 生活習慣を整える




まず一番大切なのは、「生活習慣」をしっかり整えることです。

五月病が抱えるストレスによって、不規則な睡眠や食欲不振による栄養不足になりがちな傾向があります。

不健康な生活を送っていると、悪化する原因となるため、まずは生活習慣をしっかりと整えることから始めましょう。

無理に食べようとしたり、寝たりすることはかえって危険です。少しずつ、自分ができそうな部分や、気になったところを改善していきましょう。

もちろん、自分の気ままなペースで問題ありません。



2 趣味を楽しんでみる




ストレスの解消法として、自分が好きな「趣味」を楽しむ時間を作ってみましょう。

ストレスを解消するためには、まず嫌なことを考えない時間を作ることが大切です。

自分の好きなことに夢中になる時間は、嫌なことを忘れさせてくれる大切な時間です。

趣味がない人は、見つける楽しさもあります。自分が「やってみたいこと」や「自分の趣向に合うもの」を探してみるのも、良いかもしれませんね。



3 人と話してみる





五月病になると、人との交流を避ける傾向があります。

しかし、かえって自らコミュニティを遮断すると、よりふさぎ込んでしまう可能性も否めません。

そのため、まずは友人や家族との話す時間を設けてみてください。

話題は…そうですね、「今の自分の現状!」

つまり、相談に乗ってもらうということになります。

人に話を聞いてもらうのは、ストレスを軽減する大きな解消法になります。そこで、何かしらの答えや回答が返ってくることも。

自分では見えなかったことを、ほかの人が解決してくれるかもしれません。





5月に入ってから、ストレスで頭を抱える人は多いです。

決して自分で解決しようとはせず、ふさぎ込もうともせず、自分のペースでストレスフリーを目指していきましょう。


2021/04/12 18:30
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事