韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
不動産投資は年金対策にもなるって本当!?


皆さんは、不動産投資にどんなイメージを持っていますか?不動産投資とは、不動産を購入して、その家賃を収入とすることです。お金持ちしかできないイメージであったり、余裕がある人のみがすることと思っている人も多いですが、今回はそんな不動産投資は実は年金対策になることをご紹介します。

不動産投資をする際、例えばマンションを買ったとしましょう。すると、そこに入室してくる人の家賃は全て収入となり、自分の懐へ入っていきます。この収入が最初に投資した額を超えると利益となります。つまり、自分が大家さんになるわけですね。


これを続けて行くと、老後に仕事をリタイアした時の定期的な収入源となるので、年金対策になると言えるのです。年金だけで生きていくのは難しいとなった時でも、不動産投資による収入が得られるのならかなり楽ができるでしょう。

このような形で、若い時に不動産を買っておき、老後の貯えにする人はいます。今の日本では、少子高齢社会で自分たちが高齢者になった時に年金がもらえるかどうかすら怪しいものです。となると、国の仕組みに頼るだけでなく自分で動かなければ将来は危ないのかもしれません。


そこで役に立つと目を付けられているのが不動産投資なのです。確かに最初は資産がいるので少しハードルは高いですが、長い目で見て大丈夫そうな物件、つまり、空きがなく、ずっと人気の駅近物件などなら将来性は高いです。全て自分で決めずとも、不動産投資のプロの目で見てもらうこともできるので興味があれば相談だけでもしてみましょう。

年金対策には個人年金に加入するという方法もありますが、社会情勢が変われば不利になることもあるので一概にメリットだけとは言えません。となれば、別の切り口からと不動産投資をやってみるのもアリなわけです。皆がやっていないからと言ってリスクが高いわけではないので、きちんとした知識を得たらやってみて老後に安心を得るのも良いでしょう。

2021/08/05 18:30
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事