韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
髪が邪魔だけどベリショにする勇気はない…妥協点はどこ?


正直髪が邪魔だけど、ベリーショートにする勇気もないという女性はたくさんいるのでは?男性のような髪型にする勇気がないから、髪を伸ばしていつもしかたなく束ねている場合もあるでしょう。このような悩みを何か上手く解決する方法はないのでしょうか。

確かに、髪が邪魔なのであればベリショにすることで問題は解決しますよね。下を向いても髪は落ちてきませんし、寝返りをうつとき髪が顔にかかることもありません。どんなシチュエーションでも邪魔がなくなるのですからこれはとても解放感があるでしょう。


しかし、その反面ベリショにする勇気がない人が多いのも事実です。そうなると楽に縛るという方法になるのですが、いちいち縛り直すのが面倒であることや、シャンプーが面倒くさいなどのデメリットがあります。特に、ソファにもたれる時などに結んだ髪が頭部分の邪魔になることは多いでしょう。

とにかく、リラックスできるソファに座る時くらい髪が邪魔にならないよう考えてみましょう。長いまま結んだポニーテールのテールの部分がソファに当たらないようにするには、高い位置で結ぶことが有効です。これなら、頭の支えがあるソファでもその部分より上にテールが出るでしょう。


そこまで髪が長くないと、高い位置で結ぶのが難しかったり、おくれ毛が出てきたり、頭が痛くなることがあります。その場合は、同じことをハーフアップでします。高い位置でハーフアップにすると、髪は落ちてきませんし、ソファなど頭の支えがあるところでもテールが邪魔にならないので安心して頭を預けられます。

ということで、ベリショが嫌なら妥協点としてせめてリラックスする時だけでも髪が邪魔にならないよう、結び目を高くすることを提案します。ハーフアップは夏だと首筋に髪がつくため、暑さを回避したいならあえて髪を伸ばしポニーテールにすることを視野に入れてみましょう。高い位置でのポニーテールは肩と胸の間辺りにまで髪がないと難しいので、ミディアム以上の髪型が楽です。

2021/09/25 18:30
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事