韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
意外と知らない節税の方法!!


あなたは、税金について深く考えたことはありますか?

給与明細をみて、手取りの少なさに驚いたことはありませんか??


お金の知識について知らないと損をすることはたくさんあります。

今回は、節税の方法についてご紹介します!!
ルールをしっかり把握し、お得に手取りを増やせるようになりましょう!





1.ふるさと納税

来年支払住民税の一部を前払いすることで、自己負担2000円で

各自治体から返礼品を受け取るができます。

やらないと損ですよね!!

返礼品は、お肉や野菜などの食料品から日用品など様々です!


2.積立NISA

NISAは、投資した時の利益は非課税になる制度です。

年間40万円まで利用可能です。

口座を解説すれば、簡単に始める事が出来るのでおすすめします!!

節税出来るだけでなく、投資によって利益が出せるチャンスもあります。

※利益がマイナスになる場合もあります。


3.iDECO

iDECOは、投資した分は所得から引かれ、支払う所得税や住民税が減る制度です。

注意点は60歳まで引き出せない事ですが、

定年後のためにもなりますし、節税にもなるのでおすすめです!

※元割れするリスクもあります。




4.医療費控除(セルフメディケーション)

その年に支払った医療費が一定額を超えると、

その医療費を元に計算した金額分の「所得控除」を受け取る事が出来る制度です。

医療費のレシートは残しておくと良いでしょう!


5.生命保険・地震保険控除

支払った保険料に応じて、所得から控除されます。

対象となる生命保険は次の3つです。

・一般生命保険

・介護医療保険

・個人年金保険

地震保険については実際に住んでいる住宅にかけられた保険のみ控除となります。







以上、節税の方法5選でした!!

他にも住宅ローン控除や配偶者特別控除もあります。

同じ年収でも、節税を意識するだけで手取りが上がり、

貯金にまわす額が増えたり、生活が豊かになります。

知らないで損しないために、ぜひ参考にしてみてください。


2021/10/26 18:30
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事