韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
大人になってからの英語の試験は何がおすすめ?


大人になってから勉強をやり直したいと思うことはありませんか?そのうち役に立ちそうで、スクールもあるのが英会話。しかし、そのレベルを証明してくれる英語の試験はたくさんあって、どれが良いのかわからなくなる人もいます。今回は、それらの英語の試験の特徴をおさらいしていきます。

日本人に人気で学校や企業でも注目されているのは、英検やTOEICですね。学校では英検が、企業ではTOEICのスコアが注視される傾向にあります。例えば英検1級やTOEIC満点だと英語が堪能なイメージがありますが、実はこれらの試験は大変日本人向けで、最高得点であっても英語が喋れない人がいます。


なぜなら、これらの試験は受け身だからです。最近になってやっと英検に動きが出てきましたが、それでも能動的に自分の意見を言うスピーキングやライティングは少しだけ。よって、翻訳に興味がある人、受け身のリスニングとリーディングのみを強化したい人向けの試験となります。

他の試験は英検やTOEICと比べると知名度に劣るのですが、TOEFLは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これのイギリス版とも言える試験がIELTSです。これらは英語の4技能と言われる「読み」「書き」「聞く」「話す」を満遍なく精査してくれます。そのため日本人が苦手としており、企業もなぜか未だTOEICのみの点数で昇給を決めたりしています。


しかし、4つの技能が満遍なく身につくため、英語がペラペラになりたい人や、本物の英語力を培いたい人向けの試験になっています。試験料は高く、マイナーな試験ほど開催地や開催日時が減るのはネックですが、日本人の苦手を克服する良い機会となります。

英語の試験はたくさんありますが、このようにそれぞれ特徴があります。自分が何を目標にしているのか、どんなスキルを磨きたいのか、これらによって受ける試験を決めましょう。英語の試験の存在をきちんと知ることがまず大事な一歩になります。

2022/01/18 12:00
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事