韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
夕方になっても美脚をキープ。むくみゼロの簡単セルフケア


座りっぱなしのデスクワークで脚がパンパン! 立ちっぱなしの仕事で、夕方になるとふくらはぎが痛くなる! など、長時間同じ姿勢でいると注意したいのが「むくみ」です。今回は脚がむくむ原因と解消法をご紹介します。

1 なぜ、脚がむくむの?


脚がむくむ原因はいくつかあり、いまの状態を正しく理解して対処することが大切です。主な原因は以下の通りです。

1-1 女性ホルモンが影響している
女性の場合、女性ホルモンの関係で生理前はむくみやすくなります。排卵期から生理が始まるまでの時期は、黄体ホルモンが増えることから「黄体期」といい、からだに栄養や水分を溜め込もうとします。日によってむくみ具合が違うという場合は、生理周期を確認してみましょう。

1-2 脚の筋肉が不足している
ふくらはぎの筋肉が衰えていると、脚の血液を心臓に押し流す力が低下し、むくみが発生します。同じ姿勢の状態で長時間いることは、筋肉が固まっている状態なのでむくみやすいといえます。

1-3 からだの冷え
オフィスなど、クーラーの温度調整ができない環境に長時間いることで、からだが冷えてしまう方も多いかと思います。からだが冷えると血液やリンパの流れが悪化し、むくみが発生することがあります。

2 スキマ時間にできる! 超簡単むくみ解消法


気づいたタイミングや休憩時間など、スキマ時間で実践できる簡単なむくみ解消法を3つご紹介します。どれもとても簡単です。脚のむくみが気になったときに試してみましょう。

2-1 アキレス腱伸ばしで簡単ストレッチ
片足を前に出してひざを曲げ、後ろ足のかかとを床から離さずアキレス腱を伸ばします。片足を10〜20秒ずつ伸ばしましょう。

2-2 座りながら足の指先にあるツボを刺激する
「気端(きたん)」という足先にあるツボは、足指すべての先端に存在します。血流改善だけでなく、自律神経を整えたり、冷えやむくみを解消したりするような作用があります。

椅子に座った状態で、親指と人差し指など、挟みやすい指で5〜10秒少し揉むように刺激しましょう。

2-3 休憩時間に取り入れたいスクワット
長時間同じ姿勢でいると、脚に血流が滞ってしまいます。空いた時間でふくらはぎの筋肉を刺激し、血流を促しましょう。立った状態でかかとを上げ下げするだけでも十分です。スキマ時間に最低でも30回程度、できる方は100回を目標にやってみましょう。

また、しっかりと運動ができる環境の方は、ひざを外側に向け、足を肩幅より少し広くして立ち、スクワットをしながら立ち上がるタイミングでつま先を上げるという動きもおすすめです。

3 漢方薬を飲んでむくみを改善!


脚のむくみを手軽に解消したい場合は、漢方薬の服用もおすすめです。利尿作用によって余分な水分を排出してくれるため、飲むだけでむくみへの効果が得られます。漢方薬の成分は植物など自然由来のものが多く、副作用が少ないというメリットもあります。

足のむくみには、原因である冷えの改善、体内の水のバランスを整えることによる不要な水分と老廃物の排出、血流の促進などで、固まった脚の筋肉を緩めるといったはたらきのある漢方薬を選びます。

また、血液を増やし、血流をよくすることで乱れた自律神経を整え、生理前などの女性ホルモンの変動によるむくみの改善にもはたらきかけます。

<脚のむくみにおすすめの漢方薬>
・五苓散(ごれいさん):のどが乾いて尿量が少ない人に。脱水にもむくみにも用いられます。

・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう):汗かきで疲れやすく、水太りタイプの人に。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷え、貧血、疲れなども気になる人に。

漢方薬は、自分に合ったものを見つけることが大切です。合わない漢方薬を服用しても十分な効果が見込めなかったり、副作用が起こったりすることもあります。服用前には、漢方薬に詳しい医師や薬剤師に相談しましょう。

最近では、症状と体質に合ったオーダーメイドの漢方薬を、漢方に精通した薬剤師にオンラインで提案・アドバイス・サポートしてもらえる「あんしん漢方(オンラインAI漢方)」サービスもでてきています。
●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21223zd0wowk0002


4 自分に合ったむくみ対策を見つけよう!
今回は、脚のむくみの原因と対処法について紹介しました。自分がなぜむくんでいるのかを把握して、適切な対処をすることが大切です。スキマ時間を活用しながらむくみ知らずの体質にしていきましょう。

<この記事を書いた人>


あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 竹田由子
元漢方・生薬認定薬剤師。大学院で臨床薬学を専攻、日米で病院研修を受ける。病院薬剤師として10年間入院患者を担当しながら、化学療法・医薬品情報担当としても活動する。
患者さんから「本音を話しやすい」と言われ関わるうちに、日常のセルフケアの大切さを痛感。転居後は薬局に勤務する傍ら、ライターとしても活動する。病院時代の上司が漢方好きで、漢方の凄さを体感し魅了され「日常の不調はまず漢方」と生活している。
現在は、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選びお手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」でも情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21223zd0wowk0002





2022/08/16 15:33
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事