韓国ドラマ・韓流ドラマのwowKoreawowKoreaウーマン
WoWKoreaトップウーマン
初心者のハンドメイド作家デビューに資格は必要?


ハンドメイドは経験によって腕が上がるので、資格をとらなくても作品を作ることはできます。
ネット販売やマルシェで販売する程度で、本格的な活動というよりも副業としてハンドメイドを継続したい方は資格は必要はありません。

ですが、今後ハンドメイド作家として本格的に活動したいと考えるのであれば、資格は持っていた方が有利です。
ハンドメイド資格のメリットは「基礎がしっかり勉強できる」ことです。

資格があればハンドメイドが売れるというものではなく、基礎をしっかり学ぶことで技術力が上がりニーズに応えられる作家になれます。

また自宅でハンドメイド講座を開催したり、公の場所でワークショップを開いたりすることができるのも資格の有無に左右されます。


そして本や講演会などのお仕事をいただけるチャンスにもなりますので、「将来的にハンドメイドで仕事がしたい」と考えている方には大きなメリットです。

ハンドメイド作家というのは通称で、誰でも「ハンドメイド作家」と名乗ることはできます。
ハンドメイド・クラフト通販サイトなどに出品しているハンドメイド作家の方も、資格を持っていないというケースは多いです。

趣味から始めて実力をつけてきた方や、SNSで話題になり活躍しています。
必ずしも資格が必要とはいえませんが「ハンドメイド初心者」もしくは「ハンドメイド経験がない」「作り方がよくわからない」という方は、将来的役立つでしょう。


具体的なハンドメイド資格は、どんなものなのかを紹介します。

・手芸&クラフトクリエイター資格(日本能力教育促進協会)
アクセサリー・レジン・刺繍・編み物の4つの基本を学ぶことができますので、ハンドメイド作家として勉強したい方におすすめです。

・レジンクラフトデザイン認定講師(PBアカデミー)
簡単に見えて、技術が必要なレジンクラフト。
アクセサリーはもちろんですが、個性的な作品作りにも使えることからもハンドメイドする方が増えています。

レジンアイテムの作り方も修得できますので、デザインの幅を広げたい・いろいろな作品を作りたい方に注目されています。




2022/08/17 12:00
(c) wowkorea.jp

この記事が気に入ったら

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事